気まぐれで立ち寄った箱ヘルで相性抜群の風俗嬢と極上体験した話。

今の風俗はデリヘルが主体になっているけど、ついこの間久しぶりに箱ヘルを体験した。僕の地元の風俗ではデリヘルが主体となっているので、残された箱ヘル店はわずか数店舗だ。たまたま箱ヘル店が存在している地域に用があったのでついでに寄ってみることに。店に入ると4人の写真を出され、中でも細身の女の子をお勧めされた。正直細すぎて胸が無いな…と思ったが店員の強いお勧めを断りきれずにその子をお願いすることに。先に部屋に案内されたのでシャワーを浴びて待機。数年ぶりに体験する箱デリに少しずつテンションが上がってきた。ワクワクしながら待っていると待望の姫が到着。いざご対面してみると、ちょっと大人しめで地味系だけど中々の可愛さ。見た目は合格点だ。しかも応対も丁寧で素直そうな感じだ。姫はキャバ嬢のように黒いドレスを纏って上品な雰囲気だったが、僕はバスタオル一枚の姿だったので格好がつかない。今思い出しても恥ずかしい。とりあえず彼女に抱きついてドレスの中に手を入れてお尻を揉んでみる。そしてベッドに彼女を立たせてパンティの上から股間を愛撫責め。可愛らしい声を出して「…気持ち良い…」と静かに反応してくれた。姫にドレスを着衣させたまま四つん這いにさせお尻を中心に攻めてみる。そのままシックスナインの体勢でビラビラとお尻を同時に攻めると、簡単にイッてしまった。どうやらかなり敏感な体質らしい。少し休憩を挟んで姫に素股をリクエスト。スレンダーなので上に乗っても全然重くない。上手い具合に腰を動かしてもらい、角度によっては本当に入ってるような気持ち良さだった。僕も負けじと姫の胸を愛撫してみると何回も気持ち良いと言われてちょっとテンションが上がってしまった。そして最後はディープキスをしながら手コキでフィニッシュ。いつもより大量に出た気がする。よほど相性が良かったのだろうか。たまたま寄った箱ヘルだったが思わぬ極上体験してしまった。

メニュー

全記事一覧